toggle
2018-05-27

Cookie Cutter Museum 不可能図形

不可能図形または不可能物体 は一種の錯視であり、視覚によって3次元の投影図として解釈されるような2次元の図形だが、実際にはそのような3次元物体は実在不可能なものをさします。

多くの場合、不可能図形を目にして数秒後にはそれが不可能だとわかります。
しかし矛盾すると気づいた以後も、3次元物体としての最初の印象が持続します。

中にはすぐには不可能物体だと気づかれない巧妙な例もあり、その場合は描かれているものを幾何学的に精査しないと不可能かどうかが判明しないものも存在します。

不可能図形は、心理学者、数学者、美術家などが興味の対象としており、一つの分野に留まるものではありません。

関連記事