toggle
2018-04-17

Cookie Cutter Museum 端午の節句

5月5日は端午の節句。
節句というのは季節の変わり目に行われる厄払いの行事です。

端午の節句に飾られる菖蒲は身の穢れを払う薬草として知られており、軒下にさしたり、菖蒲酒を飲んだりと災厄除けに用いられていました。
武家社会の頃にショウブという音が尚武(武を尊ぶ)につながる事から、強く勇ましく育てという気持ちを込めて、男児の成長を祝う日となりました。

現代でも武将の兜や鯉のぼりを飾るなど、「大きな志を持つ男の子であれ」との願いがこめられています。

関連記事